「家で勉強している気配が全然ない…」
「塾に行っているのに成績は下がる一方!」
「このままで高校合格できるのかしら…?」

≪中学生になって勉強にさらにやる気をなくしてしまった…
でも、どうしたらやる気をだしてくれるの??≫


安心してください。
お子さんは、ただやる気がないわけではないんです。
「勉強のやり方がわからない」から結果的に「やる気が出ない」状態になっているんです。
私たちは、お子さんに「勉強のやり方」から教えています。



勉強にやる気をなくしてしまったお子さんの多くは
「効率の悪い勉強」をしてしまっています。
例えば、テスト前になって出題範囲のノートをまる写しする…。
これでは時間がかかる割に成果が出ないので、結果「勉強苦手」という意識がついてしまいます。

ですが、中学校では「効率のいい勉強のやり方」「テスト勉強のやり方」
を教えてくれないので無理もありません。

ぐんぐんでは、「ポイントを絞った勉強のやり方」を教えます。
効率よく勉強することで短時間で成果を出せるので、
その「達成感」が「やる気」につながっていきます。


いくら効率のいい勉強法ができるようになっても、テスト前だけ一生懸命勉強する…という事ではなかなか成績は上がりません。
また、塾などに行っていてもその日だけしか勉強しないので、
成果が出ないというのもよく聞く話です。

毎日の予習・復習。
これが一番の成績アップへの近道です。

「うちの子が毎日1人で勉強なんてできるのかしら…」と心配なお母さん。
「ポイントを絞った効率のいい予習復習」ができるようになれば、1日15分で済んでしまうのです。
15分なら、できそうじゃないですか?

初めは、毎日の勉強が「習慣」となるまで時間がかかるかもしれません。
そこでぐんぐんでは家庭教師のない日もお子さんが毎日勉強するよう、
教師が1週間の勉強のスケジュールをたて、次回までの「宿題」を出しています。

この「習慣化」が第一歩。
それまでは教師が根気強く、お子さんと向き合っていきます。


中学生になると「定期テスト」がありますね。
今までテスト勉強をしたことがなく、
ここでつまずくお子さんはとても多いです。

<勉強の習慣づけ>で話したように、毎日の予習・復習をしっかり
こなすことが結果的に成績アップへの近道ではあります。

では、それに加えて「テスト勉強」とはなにをするのか?

いくら毎日復習していても、苦手な部分はそれだけではできるようになりません。
また、習ったことすべてがテスト問題として出題されるわけでもありません。

「テストによく出るパターン」をつかむこと。
また、「その中のニガテな部分」をわかるまで繰り返し勉強すること。

そのテスト勉強のやり方を、ぐんぐんでは指導しています。



ニガテな教科や単元は、ついつい避けがちになってしまいますよね。
ですが勉強には「つながり」があるので、1つの「ニガテ」を放っておくと大変なことになります。

例えば、中1で習う方程式をわからないままにしておくと
中2で習う連立方程式は当然わかりません。
さらに中3で習う2次方程式はもっとわからない…ということに。

このように、「ニガテ」は雪だるま方式で膨らんでしまうのです。

この状態で「2次方程式をできるようにしよう!」と頑張っても難しいので、まずは「方程式」を完璧に理解するところからはじめます。
逆にいえば、「方程式」を理解してしまえば「2次方程式」はその続きなので意外と簡単に解けてしまったりします。

ぐんぐんではこのように、まず「ニガテ」の根元を見つけて、そこまで「戻り」ます。
そして単元の「つながり」を意識しながら指導をしているのです。

ニガテを克服した時の達成感は、お子さんのやる気をぐんとアップさせます。
時間がかかることもあると思いますが、1つ1つしっかりとニガテをつぶしていきましょう。



「受験生なのに、全然うちの子自覚がない!」
「このままで高校に行けるのかしら…」


受験生のお母さんからは、そんな声をよく頂きます。

一般的には中3の夏休みから始める子が多い受験勉強ですが、
早い子は中1や中2から始めているので、お子さんも本当は内心焦っているはずです。

ではなぜ受験勉強を始めないのか?
それは、「どこから手をつけたらいいのかわからない」から。

入試問題の出題範囲は中学校3年間分。
1年生の教科書から全てまとめなおす…とすると、
3年間5教科で約3600ページをまとめないといけません。
これはとても大変なことですし、とても時間がかかります。

ですが、ぐんぐんの「単元のつながり」を意識した勉強法なら、
限られた時間の中でも効率よく復習を行う事が出来ます。

さらにぐんぐんでは会場模試】在宅模試】をご用意しております。
模試で現状の実力・弱点を把握するのはとても重要なこと。
模試の結果から「志望校に受かるにはあと何点必要でそのためにどこを強化するべきか」
という具体的な対策をたてていきます。

最後の総仕上げとして、ぐんぐんの冬期講習会では「模擬試験体験」ができます。
こちらは模擬テストに加え、「模擬面接」を受けることができます。
面接はいくら練習しても、相手が知っている人だと緊張感がでなかったりしますよね。
ぐんぐんの模擬面接ではセッティングされた会場で本部のスタッフが面接官をしますので、
本番さながらの緊張感を味わう事が出来ます。

他にも本部では受験情報の提供なども随時行っています。
教師と本部スタッフとが一体となり、お子さんの受験を全力でサポートします。



★詳しいご相談はこちら(フリーダイヤル)↓

電話はフリーダイヤル・0120-88-5574

メールアドレス

お電話は通話無料・携帯電話からも可です。
受付時間は午後1時から午後10時まで、土・日・祝日も受付しております。
そのほか、ご質問や希望日程など、お気軽にお申し付け下さい。