目的別の学習ページへ戻る

中学生になる前に英語を習いたい!小学生のお子さんがいらっしゃるご家庭の多くが
「英語の準備」に不安を抱いたことがあるのではないでしょうか?

「ぐんぐんで指導させて頂いてるご家庭の方から
「英語は中学校入る前から勉強した方がいいのですか?」というご相談をよく受けます。
実際に会員の方や体験授業を受けた中学生の生徒さんの声を聞いてみると
「小学生のころから勉強しておけば良かった」という意見が大半を占めています。

理由としては、「授業の進度が思った以上に速く、単語や文法を覚えられていないうちに
ドンドン先に進んでしまってついていけない」
「ローマ字の読み方と発音が違うから混乱する」という声が多いようです。

「いつ頃から英語が苦手になりましたか?」という質問の答えとして
一番多かったのは「中学1年生の2学期頃から」というものでした。
これは、1学期の時はアルファベット(大文字・小文字等)の 書き方・簡単な単語・あいさつ・といった比較的簡単な問題が 定期テストで出題されるので、高得点が取りやすいのですが、 本格的な文法を習い始める2学期になると急にわからなくなってしまうケースが多いという事を表しています。

「勉強は好きですか?」という質問に、
大半の生徒さんが「あまり好きではない」「嫌い」と答え、
それ以外の生徒さんの大半が「どちらともいえない」と答えます。
つまり英語だけに限らず、どの教科もわからなくなってしまうと、
やる気がなくなり → 勉強から離れてしまい → 
 → もっとわからなくなって → 勉強が嫌いに
なってしまう
という悪循環に陥ってしまいます。
「勉強が好き」と答えた生徒さんの大半が「わかるから楽しい」と答えます。
こうした声を聞いてみると、中学生になって英語につまずいてから勉強するよりも
小学生の時に少しでも準備をしておくことで、学校の授業にスムーズに
ついて行くことが出来、お子さんの自信につながると考えられます。

英語が苦手なお子さんを持つ保護者の方から
「小学生の頃、英会話教室に通っていたのにどうして英語につまずいてしまったのかしら?」
という声をよく聞きます。
このレポートを読んで頂いている保護者の方の中には
「ウチの子は英会話教室に通わせているから心配ないわ」と思っていらっしゃる方もいるでしょう。
指導に入らせて頂いている家庭教師の先生方からの意見で最も多いのは、
「英会話と中学校で習う英語はやっている事が違う」という意見です。下記にそれぞれの特徴をあげてみます。


【英会話】
読み・書きよりもコミュニケーションが中心
英語を使ったゲームをする
英語の歌を歌う


【中学校の英語】
教科書の文章を読み、和訳が中心
和訳や英作文を作る為に単語や文法を覚える
定期テストや入試問題は会話文でも記述式もしくは記号選択式


これらの特徴から考えても、『英会話を習っていれば学校英語は安心』という訳にいかないでしょう。
誤解して頂きたくないのが、英会話は意味がないと言っているのではありません。
現在の学校英語に直接結びつきにくいという事を知って頂きたいと思います。
現在英会話教室に通われているお子さんは、同時に読み書きの方も学習することで相乗効果を得られるでしょう。

☆「中学校英語」に直結した英語レッスン
小学5・6年生への英語必修化を控えた今、お子様が英語に触れる機会は、
以前よりずっと多くなっているのではないでしょうか。
ただ、小学校での英語学習は先程述べたように
コミュニケーション活動が中心で、中学校の英語教育との
つながりが完全につくられているとはいえないのが現状です。


ぐんぐんでは小学校の英語活動では対応していない、
中学英語の土台となる「読み」・「書き」をしっかりカバーしております。
もちろん「聞く」・「話す」といった内容もバランスよく学習していきますので、
総合的な英語力を身につけることができます。
中学校入学前に英語を得意科目にして、 最高のスタートダッシュがきれるように引っ張っていきます!

☆楽しく学べる!中学英語準備コース
ぐんぐんの中学英語準備コースでは、
お子様の学習ペースや段階に合わせて無理なく学習していきます。
中学準備コースで目標としているのは中1レベルの内容を理解することです。

◆Step 1
アルファベットの大文字、小文字の読み書き、簡単な自己紹介や
あいさつなどの会話文などを学習します。
◆Step 2
中学校1年生の2学期で習う学習内容や
身近な物の単語をStep 1の復習をしながら学習します。
◆Step 3
中学校1年生の2学期から3学期にかけて習う学習内容を
Step 2の復習をしながら学習し、英検5級程度の実力を目指します。


中学英語準備コースについてご興味のある方は、体験レッスンを是非受けてみて下さい。

>> 無料体験レッスン申込みはこちら