「なんだかうちの子、授業についていけてないみたい…」
「なかなか宿題をやらない。困ってるのよね…」
「帰ってきてもすぐに遊びにでかけて家にいてもゲームばっかり…」

≪小学生の子供の勉強が心配だけど、
共働きだし勉強を見てあげる時間がない…≫


そんなお父さん・お母さんの代わりに、
ぐんぐんのお兄さん・お姉さんがお子さんに『勉強の楽しさ』を教えています。



小学生でも、授業のスピードが速くておいていかれてしまう…というお子さんが少なくありません。
授業の内容がわからなければ、勉強が「つまらない」と思ってしまうのも仕方がないですよね。

「わからない」→「つまらない」→「勉強嫌い!」

そんな負のループから抜け出すために、私たちは
「ほめて伸ばす」ことを心がけています。

「ほめられた」→「やる気UP」→「勉強は楽しい!」

小学生の勉強は比較的易しいので、少しでもやる気をだしてあげられれば
以上のような「良いサイクル」に変えることができます。

そのためにまずは、わからない部分をお子さんが理解できるまで、
優しく丁寧に根気強く教えていきます。



勉強嫌いを抜け出すには「毎日家で勉強をする」習慣をつけるのが重要となってきます。
かといって、嫌いな勉強を「毎日1時間しなさい!」と言っても、
続かないし余計に嫌いになってしまいますよね…。

そこでぐんぐんでは「一日15分でできる勉強法」を指導しています。
たった15分ですがポイントを絞れば効率よく勉強できますし、
なによりも毎日続けることが大事です。

ぐんぐんでは家庭教師のない日もお子さんが毎日勉強するよう、
教師が1週間の勉強のスケジュールをたて、次回までの「宿題」を出しています。
家庭教師ならお子さんひとりひとりに合ったペースで計画をたてることができるので、
無理なく毎日の学習を進めていけます。





「うちの子、中学にあがって授業についていけるかしら…」
と不安なお母さんも多いのではないでしょうか。

中学校に入るとやはり「急に勉強が難しくなった」と感じるお子さんがとても多いです。
さらに、小学校の勉強と中学校の勉強はつながっている部分も多いので、
小学校の時点でつまずいてしまっていると最初の授業から「わからない!」なんてことも。

そのため、小学生の内に「中学校の勉強につながる単元を集中的に復習」するのが大事です。

また中学校に入ると「毎日の予習復習が大事!」と言いますが、
実際に学校で予習復習のやり方を教えてはくれません。
ですので小学生のうちから、「その日の授業のポイントをまとめて」「次の日の授業の準備をする」やり方を身に着けてしまいましょう。
そうすれば、中学生になってもやることは一緒です。
(この方法は、<勉強の習慣づけ>の「一日15分でできる勉強法」とつながっています…)

そして中学生になって新たに始まることとして、「定期テスト」があります。
中学生になって初めてテスト勉強をする…というお子さんも多いと思いますが、
やり方がわからず「勉強嫌い」の意識が強まってしまうことも。

では中学校での「テスト勉強」とは何をするのか?
その秘密は「教科書」にあります。
テストの問題は、教科書に載っているものしかでません。
つまり、「教科書の内容を理解する」ことが「テスト勉強」ということになります。

小学生のうちから「教科書の大事なポイントを押さえる」勉強ができていれば、
中学校の定期テストもあわてず対策ができます。




 


★詳しいご相談はこちら(フリーダイヤル)↓

電話はフリーダイヤル・0120-88-5574

メールアドレス

お電話は通話無料・携帯電話からも可です。
受付時間は午後1時から午後10時まで、土・日・祝日も受付しております。
そのほか、ご質問や希望日程など、お気軽にお申し付け下さい。

小学生英語準備ページへ